美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

健康

【ヨガポーズ】牛面のポーズの効果的なやり方と簡単なコツ

投稿日:

yoga-cow-face-pose

今回紹介する「牛面のポーズ」はサンスクリットでゴムカーサナと呼ばれ、ゴムカーサナのゴーは牛、ムカは顔という意味です。
上から牛面のポーズを見下ろしたとき、牛の顔に見えることから名づけられたのではといわれています。
全身の筋肉を使い肩甲骨周りがほぐれるため、肩こりや腰痛を緩和してくれます。
また、胸を開くことで呼吸が深まるので、疲労改善やリラックス効果、基礎代謝がアップし、冷え性改善も期待できます。
柔軟性が必要なポーズですが、身体が伸びで気持ちの良いポーズですよ。

それでは、「牛面のポーズ」のやり方をご紹介していきたいと思います。

効果

肩こり・腰痛の緩和、背骨を整える、二の腕を引き締める、お尻を引き締める 冷え性改善、呼吸が深まる

牛面のポーズのやり方

1.杖のポーズ(長座)で座ります。

マットの上に杖のポーズ(長座)で座ります。

2.脚を交差させる

左脚を右脚の上からクロスさせて右の腰の外側に置き、右脚は左の腰の横に置きます。

両足のかかとはお尻に近づけるよう足の甲は床につけましょう。

両坐骨は床と均等に着けて、浮かないように注意して下さい。

3.両手を背中で組む

背筋を伸ばして、右手を上げ膝を曲げて手のひらを背中に向けます。

右手は下から背中に回し右手を握りましょう。

手を繋げない場合は、タオルやベルトを使用しても大丈夫です。

4.深呼吸する

そのポーズのままで胸を開き、肩甲骨を内側に入れます。

ゆっくりと深呼吸しましょう。

5.姿勢を戻す

ゆっくりと腕→脚の順にほどいていきます。

6.反対側も同様にする

反対側も同じようにしていきましょう。

牛面のポーズのコツやポイント

お尻が均等に着けない場合は、お尻の下にタオルやブランケットなどを敷いてみるのもオススメです。
後ろで手が組めない方はベルトやタオルを使ってみて下さい。
両方ポーズがとるのが難しいという方は、上半身だけ、下半身だけポーズをとって徐々に慣れていきましょう。

-健康
-

執筆者:

関連記事

yoga-wheel-pose

【ヨガポーズ】車輪のポーズの効果的なやり方と簡単なコツ

今回はヨガのポーズの中でも結構難易度の高い車輪のポーズです。全身を使いますので、脚、手首、胸、お腹、背中と様々な身体の箇所に効果が期待されます。サンスクリット語は「ウールドゥワ・ダヌラアーサナ」です。 …

yoga-cobra-pose

【ヨガポーズ】コブラのポーズの効果的なやり方と簡単なコツ

ヨガポーズの1つである「コブラのポーズ」は、腰痛や猫背の改善、胸のストレッチなどの効果があります。重いものを持ち上げることが多かったり、デスクワークが多く姿勢が悪くなりがちだったりする人におすすめです …

yoga-locust-pose

【ヨガポーズ】バッタのポーズの効果的なやり方と簡単なコツ

ヨガポーズの1つである「バッタのポーズ」は二の腕や背中のシェイプ、ヒップのアップ、肩こりの改善などに貢献してくれます。初心者の方でも取り掛かりやすいポーズなので、ヨガに馴染みがない方にもおすすめです。 …

nuts

ロカボナッツとは?効果的な食べるタイミングは?

ロカボナッツを効果的に食べるタイミング 食事をする30分前に食べる事で効果を発揮! 食前に食べることで満腹中枢を刺激し、適度な満腹感を食事前に得られるため、食べ過ぎを防止する事が出来る 間食でナッツを …

yoga-cat-twist-pose

【ヨガポーズ】ネコのねじりのポーズの効果的なやり方と簡単なコツ

ヨガポーズの1つである「ネコのねじりのポーズ」は、肩甲骨周辺の筋肉に一気にアプローチすることができます。表層筋(三角筋・広背筋・僧帽筋)だけでなく、深層筋(菱形筋・前鋸筋)もしっかりとストレッチされる …