美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

料理

【パスタの種類】タリアテッレの特徴と茹で時間や合うソース

投稿日:2018年11月30日 更新日:

tagliatelle

パスタの原産地イタリアでもっとも人気が高いとされている「タリアテッレ」というバスタです。
イタリア北部のボローニャ地方ではボロネーゼソース、(ミートソース)が定番となっています。
日本ではまだそれほどなじみがないのですが、平打ち麺の一種で、日本人の口によく合うとされて好まれているパスタになります。

ここではタリアテッレの特徴から茹で時間、合うソースなどについてご紹介したいと思います。

タリアテッレの名前の由来

「切る」を意味する

イタリアのボローニャが発祥地になり、イタリア語の「タリアーレ」(tagliare)
「切る」が語源だとされています。

細長いリボン状の厚さ1mm、幅8mmのパスタになります。

タリアテッレの特徴

平らで細長いリボン状

断面が平たくなっており、細長いリボン状の形状をしており、麺の太さは1mm~2mm程度、幅が5mm~8㎜ほどの平打ちのロングパスタ分類に属します。

原料は小麦粉、卵、食塩、水を基本に作られており、軟性の小麦粉を使うことが一般的となっています。
よく、フィットチーネと呼ばれているパスタと類似していると言われていますが、タリアテッレはフィットチーネよりもやや薄く、硬質小麦粉を使用します。
食感には違いがあり、フィットチーネの方は幅がやや広く、弾力があり、モチプリツとした歯切りの良い食感に対して、タリアテッレはコシがあり歯ごたえがあるのが特徴的となっているのです

茹で時間

7分~8分程度

パスタを美味しくいただくには茹で時間が最も大切です。
タリアテッレには生麺タイプと乾麺タイプと2種類があり、乾麺タイプの茹で時間は5分~8分程度で、生麺の場合は1分~2分程度になります。
ブランドによっては袋の表記の時間が異なりますので確認をするようにしましょう。

あくまでも目安ですので、基本太ければ太いほど茹で時間は長くなりますが、人によっては食感がありますので、良さそうな時間が来たら1本麺を食べてみて確かめると茹で加減が調整できていいです。

また、茹で方のポイントですが、下味をつけるために塩を入るといいですよ。
だいたいお湯に対して1%の分量を、2L(2000g)でしたら、20gの塩を目安に入れたら美味しく茹で上がります。

タリアテッレに合うソース

濃厚でこってりとしたソース

茹であがったらすぐにソースを絡めるのも美味しく作るポイントになります。
イタリア北部では、ボロネーゼソース、(ミートソース)が定番と述べましたが、太麺めの分類に入るためソースがよく絡みますので、他にも濃厚でこってり系のソースであれば相性が合います。
クリーム系ソースのチーズなど濃厚でこってりとしたものがとても相性がいいです。
それ以外には、ラグーソースやバジルソースなどなども美味しくいただけますよ♪

-料理
-

執筆者:

関連記事

cottage-cheese-misozuke

カッテージチーズの味噌漬けの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

お酒のお供や、もちろんおかずとしても美味しくいただけるカッテージチーズの味噌漬け!お家で簡単に作れちゃいますよ。しっかりとまとめたカッテージチーズを、味噌に漬けた一品です。 しばらく漬けておけば、歯ご …

lemon

ケールのレモンサラダの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

ケールは、その独特の味のくせのせいか、ケールそのものを野菜として食べられことが少なかったのですが、最近ででは様々なレシピが出てきて料理に活用されるようになってきています。ケールには、豊富な栄養素が含ま …

i-toss-tomato-dried-bonito-ginger

トマトとかつお節の生姜和え人気レシピ

トマトには、生活習慣病や老化防止、美肌に効果があると言われているリコピンが豊富に含まれています。リコピンは脂溶性のため、脂などのオリーブオイルと一緒に摂取すると効果的です。 今回は、トマトとかつお節和 …

okawakame-tamagotoji

おかわかめの卵とじの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

本記事でご紹介する「おかわかめの卵とじ」は、丘わかめを使った卵料理です。丘わかめは刻むとヌルヌルとした食感を楽しむことができるのですが、 これを卵とじにすると独特な味わいとなりクセになります。卵は完全 …

sabakan-onion-marinated

さば缶と玉ねぎのマリネの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

毎日の食事メニューが同じようなものばかりになっていませんか?「サクッと簡単に作れて、他人に振舞っても恥ずかしくない料理はないかな」と思っている方は、本記事で紹介する「さば缶と玉ねぎのマリネ」を作ってみ …