美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

料理

【パスタの種類】パッサテッリの特徴と茹で時間や合うソース

投稿日:2018年11月30日 更新日:

passatelli

パッサテッリは、パン粉とパルミジャーノをこねたパスタで、ブロードで茹でて、スープとして食べるのが伝統的として存在しています。
エミリア=ロマーニャ州、ウンブリア州、マルケ州周辺のいくつかの街で食べ続けられています。
プリモ・ピアット(Primo Piatto:第一の皿)に入るイタリア料理で、前菜と主菜の間に出る料理で、パスタ・リゾット・スープなどがありますが、日本ではほとんど認知度が低くく非常に珍しい料理です。

ここでは、パッサテッリの特徴と茹で時間、合うソースをご紹介します。

パッサテッリの名前の由来

パスタの名称である

パッサテッリはあくまでもパスタ種類の名称になっており、語源や短縮した呼び名は存在していないようです。

パッサテッリの特徴

スープパスタ

パスタの種類ではスパデッティと同じでロングパスタの分類に属しています。
まず、パッサテッリに使う食材を見てみますと

  • 細かいパン粉
  • 粉チーズ(パルミジャーノ・レッジャーノやグラナパダーノなど)
  • 香り付けのナツメグ、またはレモンの皮
  • 以上の食材をよく混ぜて、ポテトマッシャーのような器具で押し出して麺にして、鶏のブロードと茹でてスープパスタとして食べるのが相性も良くて多く食されている料理です。
    このように一般のパスタとは別な種類ということがわかりますよね。
    断面は丸くて食感はスープがよく浸み込んでもちもち感があります。

    茹で時間

    5分~6分程度

    パスタを美味しくいただくには茹で時間が最も重要です。
    パッサテッリはブロードにパン粉や粉チーズに加えて玉子が入るため、粉チーズが溶けたり、固まったりして旨味が逃げてしまうために長時間茹でるは避けたいところです。
    摩りおろしのレモンビールにマツメグ、塩こしょうを入れて、ブロード以外の材料が沸騰してからブロードを加えて熱し、浮いたところで茹で時間は弱火で5分~6分程度が目安になります。

    パッサテッリに合うソース

    シーフード

    パッサテッリはスープで食べるパスタになりますので、肉ベースのブイヨンスープなど相性がいいのでおすすめです。
    あとはシーフード系などのカニ、オマール貝などの海鮮類をトッピングしたり多様に美味しいレシピが楽しめめすよ♪

    -料理
    -

    執筆者:

    関連記事

    bagel

    【竹炭パウダー】竹炭ベーグルの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

    竹炭パウダーは色々な食材に混ぜて使われるようになっていますが、最初は小麦粉の量の1%~3%程度で試してみてはいかがでしょうか。 自宅で竹炭パウダーを買ってきて使用する機会も少ないと思いますが、最近では …

    sabakan-onion-appetizers-salad

    さば缶と玉ねぎのおつまみサラダの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

    本記事では「さば缶と玉ねぎのおつまみサラダ」を自宅で簡単に作る方法をご紹介します。市販されているおつまみが物足りなくなったり、居酒屋にあるようなおつまみが欲しくなった方にオススメです。作り方も非常に簡 …

    sabakan-tomato-juice-pasta

    さば缶とトマトジュースの煮込みパスタの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

    魚は下処理が必要であったり、生魚はすぐ痛むため長期保存ができません。忙しい日や忙しい方などは下処理の面倒さや、生魚は買い置きができないのでなかなか手に取りづらいのではないでしょうか?そこでさば缶を使う …

    it-goes-without-the-simple-lye-of-the-straight-bracken

    生わらびの簡単アク抜き方法

    春になると新芽が芽生えて、山などに自生する山菜が旬を迎えます。その中のひとつ、わらびは深緑色の長い茎の先に、ふわふわとした葉を持つ春の山菜です。 山菜採りをする人も、買ってくる人も、そのまま生のままで …

    chinese-wolfberry-fruit-shaoxingjiu-pickled

    クコの実の紹興酒漬けの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

    クコの実は、中国や日本などの東アジア地域で育つ実です。 可愛らしい花を楽しんだ後には紅い実がなります。 通常はクコの実を食べる時には干したものを戻して使用します。乾燥のままで頂くとちょっと硬いかもしれ …