美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

料理

【パスタの種類】カペッリーニの特徴と茹で時間や合うソース

投稿日:

capellini

非常に細い麺のため、火加減によっては茹であがりやすくドロドロになってしまいますので注意が必要です。
メーカーによって太さは多少の誤差がありますが、基本的に0.8mm ~1.0㎜前後になります。

カペッリーニの名前の由来

髪の毛のように細い

円形の断面をもつ棒状のパスタ。
あまりにも細いため、「髪の毛に」喩えられたとこから(capellini)の名から来ています。
別名で「天使の髪の毛」(capelli d’angelo)とも言われています。

カペッリーニの特徴

スパゲッティの太さより細め

カペッリーニはジェノヴァ、ヴァッレ・ラティーナ地方(フロジノーネ県)、ナポリ周辺で発祥されたと言われております。
パスタの形状はスパゲッティと同じでロングパスタの分類であるが非常に細くて、日本の細麺のようである。
製造会社によって太さは異なってくるのですがロングパスタの分類で、最も細い規格になります。
太さを比べると下記のようになります。

  • カペッリーニ(cappellini)0.8㎜~1.0㎜
  • スパゲッティーニ(spaghettini)1.5㎜~1.6㎜
  • スパゲッティ(spaghetti)1.7㎜~1.9㎜
  • フェデリーニ(fedelini)1.2㎜~1.4㎜
  • スパゲットーニ(spaghettoni)2.0㎜~

茹で時間

細めのパスタで時間は短め

カペッリーニはその細さから冷製パスタにもよく使われています。
パスタは基本的に麺の太さによっての時間調整をしますが茹で時間は乾麺で2分以下になります。
生麺の場合は、1分30秒程度で茹であがります。
太さ別の茹で時間は次の通りです。

  • 0.8㎜→ 1分10秒
  • 0.9㎜→ 1分30秒
  • 1.0㎜→ 2分

あくまでも目安ですので、基本太ければ太いほど茹で時間は長くなりますが、人によっては食感がありますので、良さそうな時間が来たら1本麺を食べてみて確かめると茹で加減が調整できますのでいいですよ。

また、茹で方のポイントは、下味をつけるために塩を入るといいですよ、だいたいお湯に対して1%の分量を目安に入れたら美味しく茹で上がります。
カペッリーニは冷麺に使用されることが多く、その場合は冷やしてから少し硬くなりますので1分~2分程度は長く茹でてみてください。

カペッリーニに合うソース

あっさりソース

非常に細いパスタになりますので、冷製パスタによく使われます。
そのため、太いパスタであれば、濃いソースが合いますが細いほどスープパスタなど、コンソメを使用したあっさりとしたソースで絡めた方が相性はいいですよ。

日本の細麺のラーメンを思い浮かべてほしいのですが、丁度あのようなイメージです。
その他にバジルソースなどもおすすめですよ。

-料理
-

執筆者:

関連記事

valentine

【簡単レシピ】バレンタインにおしゃれでかわいい手作りミニカップケーキ大量生産!

バレンタインに向けてみんなに何をあげようかな~と思っているあなた。 かわいいレースペーパーを使ったり、型紙を使ってメールシロップやチョコペンなどでトッピングするだけなら、ケーキ作りの初心者さんでも簡単 …

egomaabura-homemade-yogurt

【人気】えごま油の自家製ヨーグルトの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

連日の飲み会なので朝、食欲がないときありますよね。そんな時は胃腸にもやさしく、さっと食べられるヨーグルトで朝食をとってみませんか。 えごま油を加えてしっかりと朝から身体にいいものを取り入れましょう。 …

Ginger-firing-of-new-onion-and-the-pork

新玉ねぎと豚肉の生姜焼き人気レシピ

玉ねぎには、黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどの種類があり、皮の色や大きさが異なります。通常の玉ねぎは、収穫してから1ヶ月くらい風にあててから乾燥させてから出荷しますが、新玉ねぎは、黄玉ねぎや …

linseed-oil-potato-salad

亜麻仁油ポテトサラダの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

亜麻仁油にはゴマの150倍ものα-リノレン酸が含まれています。α-リノレン酸は血液をサラサラにし、血中の脂肪やコレステロールを下げる働きをしてくれます。血液がサラサラになることによって、動脈硬化や心筋 …

tapioca-milk-tea

【人気】タピオカミルクティーの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

タピオカミルクティーは1980年代台湾で誕生しました。中国茶を西洋風な飲み物にできないかと考え、開発した方が立ち寄ったカフェでアイスコーヒーをシェイカーで混ぜていたのを見たことから発想してサトウキビと …