美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【お正月】おせち料理の中身の定番具材!種類と意味は?由来や歴史は?

投稿日:

new-year-dishes

お正月になるといろいろな食材がお重に詰まっていて、色鮮やかに飾られているお正月の料理として出されるおせち料理。

家族や親戚が集まって食事をするときの一つの楽しみでもありますよね。
いったい何時の時代から始まってお正月に食べられるようになったのでしょうか。

また、それぞれの種類のおかずが入っている意味や由来を皆さん知っていますか。
おせち料理のいわれや意味についてご紹介していきたいと思います。

おせち料理の中身や由来について

おせち料理の由来や歴史

中国から伝わってきた「節」の行事は日本に定着していき、平安時代の御節供料理というのは、現在のおせち料理とは全くイメージの違うもので、現在のおせち料理の基礎ともなった正月料理が出てくるのは、江戸時代に入ってからのことなのです。

江戸時代には、徳川幕府によって、五節供を公的な式日(祝日)として定められ、幕府の公式行事ともなりました。

徐々に、これらの行事は庶民にも受け入られてきて、それと同時に御節供(おせちく)料理も庶民の間に広まっていったのです。

おせち料理は漢字で書くと「御節料理」と書き、またおせち「御節」とは、元旦や、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日、の節目のこと、五節句を指します

昔は、農作物の収穫を祝い、神様に感謝を込めて無事に収穫できた作物にも感謝を込めてお供え物として「節供」(せっく)と呼んでいるのです。

大漁や豊作を願って、自然の恵みに感謝して食べた料理を節供料理といい、こうしたお供え物を食べたものが「御節句」(おせちく)と呼ばれていました。

元々お正月に食べる料理ではなかったのですが、お正月が1年に節目になりますので、1年に一回食べられるようになったのが「おせち料理」の由来になります。

おせち料理の種類と食材の意味

ではおせち料理の種類にはどんな具材が盛り込まれているのでしょうか。
実際の種類とまたその意味をご説明いたします。

口取り、祝い肴、焼き物、煮物(煮しめ)、酢の物

重箱にはこれらの種類が重ねられており、めでたさを重ねるという意味が込めてあります。

各重箱に納められる料理の分け方を見てみますと。

  • 一の重 (口取り、祝肴)
  • 二の重 (焼き物)
  • 三の重 煮物(煮しめ)
  • 与の重 酢の物・和物
  • 五の重 空

基本構成では五段重がおせち料理の重箱になっていますが、現在の一般的なお重箱では一段のみの重箱にたくさんの具材が詰まっているものが多くて、高くても三段までが殆どの重箱になってきています。

数の子

数の子はたまごでもあり子沢山、子孫繁栄の意味が込められています。

黒豆

物事にまめであり、まめに働き、まめに暮らすなど、まじめさの意味が豆には込められています。

田作り

たづくり=肥料

昔、田んぼ作りをする際に、小魚の(かたくしいわし)を畑の肥料に使った時代があったことから「五穀豊穣」を祈願しての食べ物とされています。

栗きんとん

漢字で「栗金団」と書くことから(金色に輝く財宝)をイメージして金運を招く、繁栄、繁盛を意味し、豊かな一年の願いが込められています。

紅白かまぼこ

紅白の紅は魔除けや、めでたさを、白は清浄を意味し、形も日の出をイメージする形をしていることから縁起物を意味します。

昆布巻き

こんぶ(子生婦)=嫁、よろこぶ(養老昆布)=不老長寿、こぶ(子生)=子孫繁栄などの語呂合わせで一家の幸せの意味が込められています。

伊達巻き

巻いている形から反物や巻物の書物をイメージしており、衣装には困らないことから繁盛の願いや、文化的な発展、学業成就の願いが込められているとされています。

蓮根

蓮根は穴が開いているため、将来の見通しが良くなるという意味で用いられています。

紅白なます

熨斗などに使われる紅白の水引きを表し、平和を願う意味が込められています。

海老

海老を料理で加熱処理すると腰が曲がるのと、長いひげで「海の老人」名付けられ、長寿を意味して、長生きするようにという願いが込められています。

里芋

里芋は収穫時に子芋をたくさんつけていることから小孫が繋がっているとして子孫繁栄の祈りが込められています。

たたきごぼう

ごぼうは土の中に深く根を張り強くて丈夫ですので、その土地にしっかりと根を張り安泰に暮らせるようにという意味が込められています。

錦卵

卵の卵黄と白身が金銀の二色を表し財宝、富の象徴として用いられています。

金柑

金柑は「金冠」に通じ、財宝、金運を意味します。

菊花蕪

菊は国花でもあり、祝い事に欠かせない花で、かぶを菊の花のように形作ったもので繁栄や長寿を願う意味があります。

煮物(煮しめ)

煮しめは、お煮しめとも言いますが、煮汁が残らないくらいまで煮込むので煮しめと言います。
食材はれんこん、里芋、人参、ごぼう、しいたけなど主に縁起ものが使われ、一緒に煮込むことで「家庭円満」の意味が込められています。

鯛の姿焼き

鯛=めでたいからきており、日本のめでたい席には必ずお目見えし、七福神の恵比寿様が持っている姿から祝い魚とされています。

まとめ

新年を迎え幸福になるための願い

いかがでしたでしょうか。
子供のころからよく食べていたおせち料理は平安時代から始まっていたのですね。
今回ご紹介したのは主に使用される代表的なものをご紹介しましたが、全部で20種類から30種類の食材が使われます。
おせち料理は食材や重箱には、新年を迎え幸福になるための願いがたくさん込められています。
これから食べる時には、意味をかみしめながらお正月にご家族みんなで味わってみてくださいね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

opal

10月の誕生石オパールの石言葉(意味・由来・和名)

10月の誕生石は複数ありますが、その内の1つが「オパール」です。 オパールは独特な輝きを持ち、光に照らすと虹色に輝きます。また、「遊色効果」といって石の中で様々な色がユラユラと動いているように見える、 …

birth-liquor

【今日は何の日】2月17日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月17日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、日本国内最大級の電子書籍蔵書数を有する株式会社BookLiveの …

jewelry

12月の誕生石ブルージルコンの石言葉(意味・由来・和名)

12月の誕生石は複数ありますが、そのうちの一つが「ブルージルコン」です。 41億年も昔に生まれた地球最古の鉱物であり、ダイヤモンドに似た輝きを持つ非常に美しい石です。 そんなブルージルコンの石言葉やそ …

birth-liquor

【今日は何の日】2月1日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月1日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、NHK東京放送局が日本初のテレビの本放送を開始した「テレビ放送記念 …

birth-flower

【今日は何の日】2月16日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月16日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、1883(明治16)年、ドイツ人の気象学者エリヴィン・クニッピン …