美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

3月5日のサンゴの日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月27日 更新日:

march-5-coral-day

シリーズでお伝えしています。
今回は3月5日に制定されている、「サンゴの日」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は、1908(明治41)年、時事新報社が全国から「良家の淑女」を対象に写真を募集し、その審査結果を公表した。
これが日本初のミスコンテストとなったことで記念日として制定されたのが「ミスコンの日」のであります。

それでは、サンゴの日にどんな由来や、歴史があるのか解説してみます。

3月5日はサンゴの日!その由来や歴史は?

1996(平成8)年世界自然保護基金が制定

1996(平成8)年から石垣島・白保に珊瑚礁保護研究センターを建設する運動を開始しました。

サンゴの日の由来とは

「さん(3)ご(5)」の語呂合わせから

「さん(3)ご(5)」の語呂合わせから、世界自然保護基金(WWF)が1996(平成8)年に制定。
 同基金は、この年から石垣島・白保に珊瑚礁保護研究センターを建設する運動を開始し、2000(平成12)年4月に「しらほサンゴ村」をオープンし、 海の大切さを広く知らせる活動に取り組んでいる。

サンゴの日の歴史は

5億4200年前に出現

サンゴはカンブリア紀(約5億4200万年前)に出現したと言われています。
この時代のサンゴ化石は非常に稀であり、オルドビス紀になると床板サンゴや四射サンゴが出現し、分布を広げた。
古生代の時点で、既に藻類と共生するものがいたようです。
床板サンゴはシルル紀中期から衰退を始め、ペルム紀末に絶滅した。
四射サンゴはシルル紀中期まで繁栄し、三畳紀初頭に絶滅した。
六射サンゴはオルドビス紀から存在が確認されており、四射サンゴや床板サンゴの絶滅後、そのニッチを埋める形で繁栄した。
床板サンゴや四射サンゴの骨格はカルサイトで構成されていて、これに対し、六射サンゴの骨格はアラゴナイトで構成されている。
それ故、六射サンゴの方が新しい時代に生きていたにもかかわらず、化石記録は床板サンゴや四射サンゴの方が豊富であります。

まとめ

「さん(3)ご(5)」の語呂合わせで世界自然保護基金が制定

いかがだったでしょうか?
サンゴの日の由来や、歴史についてご紹介してきました。
宝石などにも使われているサンゴですが、自然資源を守っていくためにも基金が掲げている「海の大切さを広く知らせるための活動」も大切なんですね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

first-day-of-spring

【今日は何の日】2月4日の立春とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月4日に制定されています、「立春の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は「世界対がんデー」の日でもあります。 今回は、立春の …

baumkuchen

バレンタインに渡すお菓子バームクーヘン・マロングラッセの意味は?

バレンタインには日頃の感謝を込めて、女性から男性にチョコレートを渡すイベントです。しかしチョコが苦手な方には、お菓子を贈ったりもしますよね。バレンタインに贈っていたお菓子には意味があったのをご存知でし …

february-23-mount-fuji-day

【今日は何の日】2月23日の富士山の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月23日に制定されている、「富士山の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は1905(明治38)年、アメリカ・シカゴで青年弁護 …

lapis-lazuli

12月の誕生石ラピスラズリの石言葉(意味・由来・和名)

12月の誕生石は複数ありますが、そのうちの一つが「ラピスラズリ」です。 まるで夜空に浮かぶ星のような、宇宙を思わせるような宝石で、存在自体がとても神秘的です。 そんなラピスラズリの石言葉やその意味・由 …

mentaiko

【今日は何の日】明太子の日は1月10日?12月12日?由来や歴史は?

明太子はピリッと辛いのが特徴的ですが、パスタに合わせたりご飯と一緒に食べるととても美味しいですよね。そんな明太子ですが、実は1月10日と12月12日は明太子の日といわれています。なぜ明太子の日が2つあ …