美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】1月27日の求婚の日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年1月14日 更新日:

courtship

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は1月27日に定められています、「求婚の日」についてご紹介したいと思います。

「求婚」という言葉を最近ではあまり聞かなくなりましたが、結婚したい!という要望はいつの時代も男女が存在する以上は永遠の欲求ですが、自分にピタッと見合う相手が見つかるかは、なかなか容易ではありませんよね。

求婚の日とはどんな由来や、歴史があるのか解説してみたいと思います。

由来

求婚の広告

何故、求婚の日が1月27日なのか?
1883年(明治16年)に生涯の伴侶を探すために、日本の新聞紙史上初の「求婚の広告」が出されたことで、これを記念して「求婚の日」と制定されたようです。

広告主は、中尾勝三郎氏という人物で、伊勢新聞と三重日報の両紙に掲載して、広告の内容は「先頃女房を離縁して不自由勝ゆえ、貧富を論ぜず、十七歳以上二十五歳にて嫁にならうと思ふ物は照会あれ」と出したようです。
結構、年齢も書いてあり具体的に書かれていますよね、真剣だったのがうかがえますよね。
実際に応募もしてきた、19歳の女性とめでたく結婚されたということです。
よかったですね!

歴史

1695年

日本では求婚の広告が掲載されたのは1883年でしたが、世界初ではいつのころだったのでしょうか。
それはなんと!1695年、日本ではまだ徳川幕府の時代ですよね。
イギリスの求婚広告に掲載されたそうです。
ドイツなどでは現在でも求婚広告が出されているようですよ。

まとめ

新聞広告

求婚の日とは、新聞広告に日本で初めて「求婚の広告」を載せた日が記念日となったということですね。
私、個人的に結婚の相手を探すために広告に出すとは勇気があるな~と思っておりますが、確かに時代が違いますけどね。
でもその大胆さが生涯の伴侶を射止められるのかもしれませんね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

february-28-birth-flower

2月28日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

誕生花と花言葉をシリーズでお伝えしています。今回は2月28日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、エッセイストの元祖とされるフランスの哲学者ミシェル・ド・モンテーニュの誕 …

knit

【今日は何の日】2月10日のニットの日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月10日に制定されています、「ニットの日」についてご紹介したいと思います。 ニットと言えば真っ先に、思い浮かぶのはセーターとニット帽を想像し …

birth-flower

【今日は何の日】2月2日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月2日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、協同組合全国製麩工業会が制定した「ふ(2)」の語呂合せから、「麩の …

march-11-panda-discovery-day

3月11日のパンダ発見の日とは?由来や歴史は?

シリーズでお伝えしています。今回は3月11日に制定されている、「パンダ発見の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、1751(寛延4年)年4月11日、イギリスの新聞『ロンドン・アドバイ …

birth-flower

【今日は何の日】2月19日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月19日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、1954(昭和29)年、日本のプロレスで、初の本格的な国際試合と …