美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】1月25日のホットケーキの日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年1月14日 更新日:

pancake

1月25日は何の日か、皆さんは知っていますか?
「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしていきたいと思います。
1月15日はホットケーキの日と定められているのです。
はて、さて?何故、1月25日がホットケーキの日なの?と思われている方もいらっしゃると思いますので、由来や、歴史について解説してみたいと思います。

由来

氷点下41.0℃

何故1月25日なのか?
1902年(明治35年)1月25日に北海道旭川気象台で(氷点下41.0℃)という、日本の気象台の観測史上最も、最低気温を記録した日なんです。
この日にちなんで、史上最強に寒かったということで、「ホットケーキを食べて暖まってもらいたい」という願いを込めて「ホットケーキの日」と定められたという事です。

誰が制定した記念日でしょうか?
では、気になるところですが誰が決めたのでしょうか。
それはホットケーキミックスなど売り上げナンバーワンでもある企業、森永製薬株式会社さんが制定した記念日のようです。

歴史

大正時代

ホットケーキは一説によると大正時代に輸入されたものだと言われています。
当時、日本では和菓子のどら焼き風のお菓子があったので似ていたため間違えられていたようです。

当時では珍しい食べ物として、また戦時中で食糧不足の時代ですので贅沢な食べ物として扱われていたようです。

実はこのホットケーキという名称は商品名だった、という説が有力です。
輸入されてから販売元となった会社が、「温かいケーキ」を「ホットケーキ」と名付けたことから広まったとされています。

まとめ

寒い日にはホットのケーキを食べて暖まってほしい

結論として「寒い日にはホットのケーキを食べて暖まってほしい」という思いから、観測史上最低気温の1月25日にちなんで「ホットケーキの日」と制定されたようですね。
個人的にはハチミツを垂らして食べるホットケーキが大好きなのでしょっちゅう食べていますが、皆さんもホットケーキを食べて心も体も暖まってくださいね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

toshikoshi-soba

【大晦日】年越しそばタイミングはいつ食べる?食べる時間と由来や意味

年越しにそばを食べるのが日本の風習といわれていますが、年越しそばの由来や意味、食べる時間はご存知でしょうか?1年を締めくくる食べ物として蕎麦にはさまざまな由来や意味があるのです。以外と知らない年越しそ …

March-21-Vernal-Equinox-Day-origin

3月21日の春分の日とは?由来や歴史は?【今日は何の日】

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は3月21日に制定されている、「春分の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、3月21日の3+2+1が、小学校の修業年数の6にな …

birth-flower

【今日は何の日】2月18日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月18日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は1930年、アメリカ・ローウェル天文台のクライド・トンボーが、1月 …

marshmallow

バレンタインに渡すお菓子マシュマロ・グミの意味は?

バレンタインには気になる男性、パートナー、会社の同僚、友達などにチョコレートやお菓子を渡す風習です。チョコレートが苦手な方にはお菓子をあげますよね。何気なく渡していたお菓子ですが、渡すときに気をつけな …

birth-liquor

【今日は何の日】2月7日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月7日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は「日露和親条約」が締結され、北方領土が日本の領土として認められたこと …