美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】1月15日の半襟の日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年1月12日 更新日:

decorative-collar

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は1月15日に制定されています、「半襟の日」についてご紹介したいと思います。

半襟とは着物を着用するときに付ける替え襟のことをいい、1月15日は半襟の日と規定されています。

半襟の日にはどんな由来や、歴史があるのか解説してみたいと思います。

何故1月15日が半襟の日なのでしょうか・・・

由来・歴史

襟を正す少正月

1999年までの長い間1月15日が成人の日であったことと「襟を正す少正月」といわれ、和装と関連が深く縁があることから2001年(平成13年)1月15日に京都半衿風呂敷和装卸協同組合が半襟の日と規定しました。
着物文化の活性化と半襟需要の復興が目的とされています。
半襟が登場したときは、黒一色で汚れが目立たない様になっていましたが、明治時代から着物のオシャレ襟としても人気が出始めたのです。

半襟とは

襦袢の襟に縫い付ける替え襟

半襟とは着物を着るときに下着である襦袢(じゅばん)の襟に縫い付ける替え襟のことをいいます。
名前は実際の襟の半分程度の長さであることから由来されました。
襦袢は喉を保護したり、皮脂や整髪量、お化粧などで汚れやすい着物の襟から保護するものとして使用されます。
成人式で着る振袖などには、豪華な刺繍がされたものなど種類がいろいろあります。

まとめ

半襟でお出かけ

半襟とは顔周りを華やかに見せる飾りだけではなく、着物を保護してくれる大事な役目をするものだったのですね。
半襟の日には着物とのバランスを考えながら、自分好みの半襟を選んでお出かけしてみてはどうでしょうか?
さまざまな刺繍や色柄物があるので選ぶのも楽しいですよ。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

egg

【2019年】大寒とはいつ?大寒たまご?旬の食べ物や読み方は?

日本には春、夏、秋、冬と大きく4つの季節がありますが、それ以外にも二十四節気という24個に分類した大寒という時期があります。新しい年に入り1年のうちで一番寒い期間のことをいいますが、大寒には日にちは決 …

garnet

1月の誕生石ガーネットの石言葉(意味・由来・和名)

1月の誕生石である「ガーネット」について解説していきます。 ブラジルやロシアなど様々な国で産出されています。中世ヨーロッパでは魔除けとして使われたり、古代エジプトではお守りとしても使われていました。 …

disaster-goods

【今日は何の日】1月17日の防災とボランティアの日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月17日に制定されています、「防災とボランティアの日」についてご紹介したいと思います。 災害は予期せぬときに起こるのでとても怖いものですよね …

2019-japanese-little-new-year

【2019年】小正月はいつからいつまで?意味や由来食べ物は?

新年のお祝いの行事であります「お正月」はみんな知っていますが、一方で「小正月」という伝統行事もあり、各地域では様々な行事が行われています。 日本では古くから小正月(こしょうがつ)は、正月の終わりに当た …

march-11-panda-discovery-day

3月11日のパンダ発見の日とは?由来や歴史は?

シリーズでお伝えしています。今回は3月11日に制定されている、「パンダ発見の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、1751(寛延4年)年4月11日、イギリスの新聞『ロンドン・アドバイ …