美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月6日の海苔の日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月4日 更新日:

seaweed

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月6日に制定されています、「海苔の日」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は、茶道で釜をかけて湯を沸かす道具「風炉(ふろ)」から「ふ(2)ろ(6)」の語呂合わせから「抹茶の日」でもあります。

今回は、海苔の日にどんな由来や、歴史があるのか解説いたします。

2月6日は海苔の日!その由来や歴史は?

海苔の需要拡大を目指しPRするため

海からの贈り物である海苔に対する感謝の気持を込めて、全国海苔漁民の総意として制定。

海苔の日の由来は

全国海苔貝類漁業協同組合連合会が制定

海苔は、古代から日本人に好まれている伝統的な食品です。
その価値は高く評価され、大宝元年(701年)2月6日に制定された「大宝律令」によって、大宝2年から諸国指定産物になり、年貢(当時の租税)の対象産物に取り入れられていました。
そこで、大宝律令が制定された2月6日を「海苔の日」と制定し、全国的な海苔消費促進の日にしたそうです。
1966年(昭和41年)「海苔の日」を全国海苔貝類漁業協同組合連合会によって2月6日と定め、以来毎年記念行事を実施しています。

海苔の日の歴史は

大宝元年(701年)に制定された「大宝規律」よって

縄文、弥生の遺跡からも、海苔などの海藻に付着する小型の貝類や珪藻などの化石が見つかっていることから縄文、弥生のころより、海藻類は日本人の生活に深いかかわりを持っていたことが知られています。
海藻の利用方法は、食用にする繊維をとる、燃料にする、藻塩の作成などの方法が考えられるが、文字が残っていないためどのように利用されたかについては定かではないです。
海苔が初めて文字として登場するのは、木簡に記された689年(持統天皇3年)の記述「紫菜献上」でした。
紫菜とはムラサキノリのことであり、海苔が初めて法律に登場するのは701年(大宝元年)8月に制定され、702年(大宝2年)1月1日に施行された「大宝律令」です。

まとめ

昔からの伝統的な食品だった

いかがでしたでしょうか。

2月6日に制定してあります「海苔の日」についてご紹介してきました。
日本人になじみの深い海苔ですが、おにぎりや巻きずしなどに多くの食材に利用されてきて愛され続けています。
健康にもよい食べ物の一つですので今後もおいしくいただきたいですね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

first-spring-storm

【今日は何の日】2月15日の春一番名づけの日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月15日に制定されている、「春一番名づけの日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、全日本スキー連盟が創立されたことを受けて同 …

birth-flower

【今日は何の日】2月8日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月8日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、「つ(2)ば(8)き」の語呂合せで長崎市五島市が制定した「つばきの …

birth-liquor

【今日は何の日】2月15日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月15日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 この日は、お菓子の神様を祭った例大祭が15日に行われていたことにちなみ、毎月15日 …

hiiragiiwashi

節分の日の飾り、柊鰯はいつまで飾る?処分方法は?

節分といえば、鬼は外、福はうちでおなじみの豆まきが定番行事ですよね。一方で、地域によっては「柊鰯」といって、柊と鰯の頭で作ったお飾りを玄関に飾る風習があるんです。節分に鰯って、どういう事と思われる方も …

birth-liquor

【今日は何の日】2月7日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月7日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は「日露和親条約」が締結され、北方領土が日本の領土として認められたこと …