美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月3日の節分の日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年1月17日 更新日:

setsubun-day

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月3日に制定されています、「節分の日」についてご紹介致します。

2月3日は節分の日として日本では馴染みの深い行事です。
「鬼は外、福は内」と豆をまいて鬼を追い払い、福を呼び込むために行います。

そんな節分の由来や、歴史について解説していきたいと思います。

由来

立春の前日

現在では節分は毎年2月3日だけですが、実は4回あったのです。
名前にもある節の分かれ目、立春、立夏、立秋、立冬の前日の年に4回ありました。
邪気は季節の分かれ目に入りやすいと考えられ4回ありましたが、室町時代から最も年の分かれ目、1年の始まり(旧暦では年の始まりが立春の前日)が重要とし立春の前日だけを指すようになったといわれています。

歴史

奈良時代に日本に伝わる

古代中国では大晦日の夜に追儺(ついな)といわれる邪気や疫鬼祓う行事がありました。
桃の木で作った弓矢を射って、鬼を追い払う行事で奈良時代に日本に伝わります。
平安時代には宮中行事として取り入れられ、その行事の中に豆打ちというものがあったことから江戸時代に豆まきとして広がったそうです。
追儺は神役が疫病を司る目に見えない鬼を追い払っていましたが、平安時代末には実際の鬼役を追い出すという形になりました。
鬼は邪気の象徴とされ、災害や病、飢饉などは鬼の仕業と考えられており、その鬼を追い払うためだったのですね。

何故、豆をまくの?

魔目・魔滅

節分の豆まきは大豆をまくことが多いですよね。
その理由は穀物には穀霊が宿り魔よけの力があると信じられ、魔の目(魔目まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅まめ)から豆を投げるようになりました。
また地域では落花生をなげるところもありますが、最近では衛生面やまいた後に拾いやすいため落花生をなげるところが増えてきています。

まとめ

節分が実は4回あった

いかがでしたでしょうか?
節分が実4回あったというのも驚きでしたが、人々の思いと深い歴史があったのですね。
節分には災いをもたらす邪気を追い出し、幸せが舞い込んでくるように願いが込められています。
皆さんも節分の日には願いを込めて豆を投げてみてはどうでしょうか。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

toshikoshi-soba

【大晦日】年越しそばタイミングはいつ食べる?食べる時間と由来や意味

年越しにそばを食べるのが日本の風習といわれていますが、年越しそばの由来や意味、食べる時間はご存知でしょうか?1年を締めくくる食べ物として蕎麦にはさまざまな由来や意味があるのです。以外と知らない年越しそ …

birth-flower

【今日は何の日】2月11日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月11日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。 ちなみのこの日は、学問や芸術など文化の発展に優れた業績をあげた各界の人に文化勲章が …

knit

【今日は何の日】2月10日のニットの日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月10日に制定されています、「ニットの日」についてご紹介したいと思います。 ニットと言えば真っ先に、思い浮かぶのはセーターとニット帽を想像し …

jewelry

12月の誕生石ブルージルコンの石言葉(意味・由来・和名)

12月の誕生石は複数ありますが、そのうちの一つが「ブルージルコン」です。 41億年も昔に生まれた地球最古の鉱物であり、ダイヤモンドに似た輝きを持つ非常に美しい石です。 そんなブルージルコンの石言葉やそ …

lettuce

レタス栽培で葉が巻かない?原因と対策

レタスは世界各地で生産されており、結球レタス(玉レタス)と半結球レタス(サラダ菜)、結球しないレタス(リーフレタス)、があります。結球レタスを栽培するときに葉がなかなか丸く巻かず、バラバラ状態になるこ …