美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月24日の誕生花と花言葉!意味や由来は?

投稿日:2019年2月21日 更新日:

february-24-birth-flower

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月24日の、「誕生花と花言葉」についてご紹介いたします。

ちなみにこの日は、1898(明治31)年、日本初の鉄道ストライキが実施されたことにちなみ制定された「鉄道ストの日」でもあります。

2月24日の誕生花と花言葉にどんな意味や由来があるのか解説してみたいと思います。

2月24日の誕生花

誕生花は「アマリリス」「クロッカス」「ツルニチニチソウ」の3種類です。

アマリリス

花言葉

「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」

花名・花言葉の由来

花名は、ローマの詩人ウェルギリウス(紀元前70~前19)の「牧歌」に登場する少女・ アマリリスに由来します。

花言葉の「おしゃべり」は、アマリリスの花が横向きにつき、となりの花とおしゃべりをしているように見えることに由来するといわれます。

クロッカス

花言葉

「青春の喜び」「切望」

花名・花言葉の由来

クロッカスは英語・ギリシャ神話が大きく関係していて、クロッカスは英語の「Crocus」が由来とされているのですが、これをそのまま和名として使っています。
さらに、ギリシャ語の「krokos」=糸という語源が由来という説もあり、糸のように長く伸びて育つのが由来としている場合もあります。

春に咲く花は青春の意味を含むとされるケースが多く、「青春の喜び」の花言葉もクロッカスがヨーロッパにおいて古くから春の訪れを告げる花とされてきたことに由来します。
また、「切望」の花言葉は、早春に花をつけるクロッカスが春を待ちきれないという意味になります。

ツルニチニチソウ

花言葉

「楽しき思い出」「幼なじみ」

花名・花言葉の由来

ツルニチニチソウ(蔓日々草)という名前は、つる性の植物で、花がニチニチソウ(日々草)に似ていることに由来するといわれます。
ニチニチソウ(日々草)という名前は、日ごとに新しい花に咲き代わることに由来します。

花言葉の「楽しき思い出」は、哲学者ジャン=ジャック・ルソーの自伝的作品「告白」にて、かつて恋したヴァランス夫人が「ツルニチニチソウがまだ咲いているわ」といった花をルソーが偶然に見つけて、楽しかった恋の日々を思い出したという話にちなむともいわれます。

まとめ

いかがでしたか。
「誕生花・花言葉」についてご紹介してきましたが、誕生花は「アマリリス」「クロッカス」「ツルニチニチソウ」でした。
それぞれの意味や、由来を理解したうえで、お友達、ご家族のお誕生日に誕生花を贈ってみてはいかがでしょうか。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

march-10-cactaceae-day

3月10日のサボテンの日とは?由来や歴史は?

シリーズでお伝えしています。今回は3月10日に制定されている、「サボテンの日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、「さ(3)とう(10)」の語呂にちなんで記念日に制定されている「砂糖の …

weather-map

【今日は何の日】2月16日の天気図記念日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月16日に制定されている、「天気図記念日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、2005(平成17)年、NHKテレビ『ためして …

new-year-decorations

正月飾り(鏡餅・門松・しめ縄)はいつまで?意味や由来は?処分方法は?

クリスマスが過ぎると年末慌ただしくなると同時に、お正月の準備もしなくてはならなくなり何かと忙しい時期が続きますよね。 ホームセンターやスーパーなどにも、お正月飾りが店頭に並ぶのもこの頃からです。毎年、 …

hiiragiiwashi

節分の日の飾り、柊鰯はいつまで飾る?処分方法は?

節分といえば、鬼は外、福はうちでおなじみの豆まきが定番行事ですよね。一方で、地域によっては「柊鰯」といって、柊と鰯の頭で作ったお飾りを玄関に飾る風習があるんです。節分に鰯って、どういう事と思われる方も …

hiiragiiwashi

節分の日の柊鰯とは?玄関に魚の頭?いわし?起源や意味や由来は?

鬼は~外!福は~うち!節分の日の夜になるとあちこちのお家で掛け声が聞こえてきます。節分の日の縁起物として知られる「柊鰯」(ひいらぎいわし)ですが、家によって玄関先に飾られているのを目にしたことがある方 …