美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月21日の日刊新聞創刊の日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月16日 更新日:

daily-newspaper

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月21日に制定されている、「日刊新聞創刊の日」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は「漱石の日」でもあり、1911(明治44)年のこの日、文部省が作家・夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石は「自分には肩書きは必要ない」として辞退した日であります。

それでは、日刊新聞創刊の日にどんな由来や、歴史があるのか解説してみます。

2月21日は日刊新聞創刊の日!その由来や歴史は?

1872年(明治5)年東京初の日刊新聞(東京日日新聞)創刊

現在では毎日新聞として発行している。
日刊新聞創刊の日の由来とは
現在の毎日新聞が増刊されたことにちなむ

1872(明治5)年、東京初の日刊新聞「東京日日新聞」(毎日新聞)が浅草で創刊されたのが旧暦のこの日である。

東京日日新聞は、世界初の新聞戸別配達を実施し、1911(明治44)年には大阪毎日新聞と合併して全国紙へと拡大していった。

日刊新聞創刊の日の歴史は

1911(明44)年全国紙としての第一歩を踏み出した

明治の初期、新聞は、必ずしも日刊ではなかった。東京日日新聞というのはその名から見てもわかるように、「日刊」を打ち出した画期的なものだった。
また、1875(明8)年世界初の新聞戸別配達を実施。1911(明44) 年の大阪毎日新聞との合併では、「東京日日新聞」の名を残すことを条件に経営的には「大阪毎日新聞」の傘下に入り、全国紙としての第一歩を踏み出した。
この大阪毎日新聞は1876(明9)年2月、大阪日報として創刊 。 1888(明21)年 大阪毎日新聞と改題 した会社である。

因みに、冒頭の記念日「日刊新聞創刊の日」は、日本初の日刊新聞「東京日日新聞」が創刊されたことによる・・・となっている(今日は何の日、毎日が記念日)が、実際には、1870(明治3)年12月(新暦では1871年1月)に創刊された「横浜毎日新聞」が日本初の日刊紙である。
それまでの新聞が半紙2つ折あるいは4つ折の冊子体だったのに対し、西洋紙に始めて鉛の活字で印刷された。

日本では、1615(元和元年)年、大坂夏の陣の報道が瓦版(読売り、辻売り絵草紙)として発刊され、その後瓦版が盛んであったようだが、幕府を批判・中傷するものが多かったため、1673(寛文13)年には出版規制例によって、規制されている。

まとめ

実際には、「横浜毎日新聞」が日本初の日刊紙であった

いかがだったでしょうか?
日刊新聞創刊の日の由来や、歴史についてご紹介してきましたが、時代の流れによって、情報伝達の手段が多様化して紙面からラジオ、テレビ、インターネット、スマホなど増えてきて、紙媒体は減少しつつある中、今でも新聞なりの良さを持ち愛読者も多いようですね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

sunny-lettuce

サニーレタスの鮮度を爪楊枝で長持ちさせる保存方法!成長点?場所や理由、刺し方は?

サラダに使われるこのとの多い野菜のサニーレタス。
冷蔵庫で保存しておくと日持ちがせずにすぐに茶色っぽく色が変わり、しんなりとなりますよね。
野菜の鮮度が落ちると苦味も強くなります。
そんなサニーレタス …

february-28-birth-liquor

2月28日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

誕生酒と酒言葉をシリーズでお伝えしています。今回は2月28日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は、1953(昭和28)年、吉田茂首相が衆議院予算委員会の席上、西村栄一議員 …

egg

【2019年】大寒とはいつ?大寒たまご?旬の食べ物や読み方は?

日本には春、夏、秋、冬と大きく4つの季節がありますが、それ以外にも二十四節気という24個に分類した大寒という時期があります。新しい年に入り1年のうちで一番寒い期間のことをいいますが、大寒には日にちは決 …

birth-liquor

【今日は何の日】1月24日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月24日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみに1848年のこの日、アメリカで、ジェームス・マーシャルが川底で砂金を発見し …

march-11-panda-discovery-day

3月11日のパンダ発見の日とは?由来や歴史は?

シリーズでお伝えしています。今回は3月11日に制定されている、「パンダ発見の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、1751(寛延4年)年4月11日、イギリスの新聞『ロンドン・アドバイ …