美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月19日の雨水(うすい)とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月16日 更新日:

rain-water

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月19日に制定されている、「雨水(うすい)」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は1877(明治10)年、日本が郵便の国際機関である「万国郵便連合(UPU)」に加盟したことを記念して制定された「万国郵便連合加盟記念日」でもあります。

それでは、雨水(うすい)にどんな由来や、歴史があるのか解説してみます。

2月19日は雨水(うすい)!その由来や歴史は?

二十四節季(にじゅうしせっき)の第2

雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わってふるという意味。

雨水(うすい)の由来とは

2月19日~次の節気3月6日の「啓蟄」(けいちつ)前日までの事を「雨水」という

雨水(うすい)と読み、二十四節気の第2の事である。
二十四節季(にじゅうしせっき)とは、雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るという意味。

草木も芽を出し始め、日ごとに春らしくなり、農作業の準備を始める時期で、春一番が吹くころもこの頃で、ひな人形を飾ると良縁に恵まれるといわれている。
期間としての意味では、2月19日から、次の節気3月6日の「啓蟄(けいちつ)」前日までを「雨水」と呼ぶ。

雨水(うすい)の歴史は

『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」

『暦便覧』によれば雨水(うすい)は「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」と記されている。
冬の寒さも峠を越えて、そろそろ暖かくなってきて、雪や氷が溶けて水になる、という節目となる。
山に積もった雪がゆっくりとけだし、田畑を潤すことから、「雨水」の日は昔から農耕の準備を始める目安とされていた。
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。

地域によっては実際、積雪のピークであり、それゆえ、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることもできる。

春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もある。

まとめ

昔から、春の訪れや農耕準備を始める目安の日

いかがだったでしょうか?
嫌煙運動の日の由来や、歴史についてご紹介してきましたが、雨水(うすい)は、立春などや他の時期と比べると影が薄い気がします。
しかしこの時期は農家の方にとっては1つの目安になる大事な時期であるのも確かですよね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

otoshidama

【2019】お正月のお年玉の金額の相場は?中学生・高校生・大学生

年末も慌ただしく過ぎ去っていき、 お正月を迎える準備へと移り変わっていく時期。いろいろ、何かと出費がかさむ時期が続きますよね。お正月を迎えると親戚の集まりなどで渡す習慣のあるお年玉ですが、小さい子供の …

decorative-collar

【今日は何の日】1月15日の半襟の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月15日に制定されています、「半襟の日」についてご紹介したいと思います。 半襟とは着物を着用するときに付ける替え襟のことをいい、1月15日は …

egg

【2019年】大寒とはいつ?大寒たまご?旬の食べ物や読み方は?

日本には春、夏、秋、冬と大きく4つの季節がありますが、それ以外にも二十四節気という24個に分類した大寒という時期があります。新しい年に入り1年のうちで一番寒い期間のことをいいますが、大寒には日にちは決 …

four-seasons

節分・豆まき・恵方巻きは年に何回ある?簡単な意味や由来は?

節分といえば2月3日に豆まきをして恵方巻きを食べる行事として馴染みがありますよね。現在は年に1回だけですが、元々は4回あったのをご存知でしょうか。 今回は、節分は何故4回あったのか?その理由と、節分行 …

tonjiru

豚汁と粕汁の違いとは?

寒くなると汁ものが美味しい季節になりますが、粕汁と豚汁、どちらも美味しいのですが、果たして、その違いって何が違うのでしょうか。 今回は、粕汁と豚汁の違いについて解説してみたいと思います。 粕汁とは? …