美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月19日の雨水(うすい)とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月16日 更新日:

rain-water

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月19日に制定されている、「雨水(うすい)」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は1877(明治10)年、日本が郵便の国際機関である「万国郵便連合(UPU)」に加盟したことを記念して制定された「万国郵便連合加盟記念日」でもあります。

それでは、雨水(うすい)にどんな由来や、歴史があるのか解説してみます。

2月19日は雨水(うすい)!その由来や歴史は?

二十四節季(にじゅうしせっき)の第2

雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わってふるという意味。

雨水(うすい)の由来とは

2月19日~次の節気3月6日の「啓蟄」(けいちつ)前日までの事を「雨水」という

雨水(うすい)と読み、二十四節気の第2の事である。
二十四節季(にじゅうしせっき)とは、雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るという意味。

草木も芽を出し始め、日ごとに春らしくなり、農作業の準備を始める時期で、春一番が吹くころもこの頃で、ひな人形を飾ると良縁に恵まれるといわれている。
期間としての意味では、2月19日から、次の節気3月6日の「啓蟄(けいちつ)」前日までを「雨水」と呼ぶ。

雨水(うすい)の歴史は

『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」

『暦便覧』によれば雨水(うすい)は「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」と記されている。
冬の寒さも峠を越えて、そろそろ暖かくなってきて、雪や氷が溶けて水になる、という節目となる。
山に積もった雪がゆっくりとけだし、田畑を潤すことから、「雨水」の日は昔から農耕の準備を始める目安とされていた。
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。

地域によっては実際、積雪のピークであり、それゆえ、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることもできる。

春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もある。

まとめ

昔から、春の訪れや農耕準備を始める目安の日

いかがだったでしょうか?
嫌煙運動の日の由来や、歴史についてご紹介してきましたが、雨水(うすい)は、立春などや他の時期と比べると影が薄い気がします。
しかしこの時期は農家の方にとっては1つの目安になる大事な時期であるのも確かですよね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

birth-liquor

【今日は何の日】2月14日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月14日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は「に(2)ぼ(棒=1)し(4)」の語呂にちなんで、国煮干協会が記念 …

ski

【今日は何の日】1月12日のスキーの日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月12日に制定されています、「スキーの日」についてご紹介したいと思います。 真っ白い雪の中を滑るウィンタースポーツとして人気があるスキーです …

curry

【今日は何の日】1月22日のカレーの日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月22日に制定されています、「カレーの日」についてご紹介したいと思います。 国民食として人気が高いカレーは、ご家庭でも定番のメニューなのでは …

escape-day

【今日は何の日】2月26日の脱出の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月26日に制定されている、「脱出の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、1936(昭和11)年、2.26事件が発生した日で …

winter-doyounoushinohi

【2019年】冬の土用の丑の日はいつ?土用期間は?土用入り・間日・土用明けは?

「土用」という言葉を聞いたことがあると思いますが、いったいどういう意味があるのでしょうか?土用とは季節の変化の目安とする日の一つで、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を指します。 「土用の丑の日」 …