美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月19日の雨水(うすい)とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月16日 更新日:

rain-water

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月19日に制定されている、「雨水(うすい)」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は1877(明治10)年、日本が郵便の国際機関である「万国郵便連合(UPU)」に加盟したことを記念して制定された「万国郵便連合加盟記念日」でもあります。

それでは、雨水(うすい)にどんな由来や、歴史があるのか解説してみます。

2月19日は雨水(うすい)!その由来や歴史は?

二十四節季(にじゅうしせっき)の第2

雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わってふるという意味。

雨水(うすい)の由来とは

2月19日~次の節気3月6日の「啓蟄」(けいちつ)前日までの事を「雨水」という

雨水(うすい)と読み、二十四節気の第2の事である。
二十四節季(にじゅうしせっき)とは、雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るという意味。

草木も芽を出し始め、日ごとに春らしくなり、農作業の準備を始める時期で、春一番が吹くころもこの頃で、ひな人形を飾ると良縁に恵まれるといわれている。
期間としての意味では、2月19日から、次の節気3月6日の「啓蟄(けいちつ)」前日までを「雨水」と呼ぶ。

雨水(うすい)の歴史は

『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」

『暦便覧』によれば雨水(うすい)は「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」と記されている。
冬の寒さも峠を越えて、そろそろ暖かくなってきて、雪や氷が溶けて水になる、という節目となる。
山に積もった雪がゆっくりとけだし、田畑を潤すことから、「雨水」の日は昔から農耕の準備を始める目安とされていた。
空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。

地域によっては実際、積雪のピークであり、それゆえ、この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めると見ることもできる。

春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もある。

まとめ

昔から、春の訪れや農耕準備を始める目安の日

いかがだったでしょうか?
嫌煙運動の日の由来や、歴史についてご紹介してきましたが、雨水(うすい)は、立春などや他の時期と比べると影が薄い気がします。
しかしこの時期は農家の方にとっては1つの目安になる大事な時期であるのも確かですよね。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

biscuits-day

2月28日のビスケットの日とは?由来や歴史は?

シリーズでお伝えしています。今回は2月28日に制定されている、「ビスケットの日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、慶長4年2月28日(新暦:1599年3月24日)、千利休亡き後に豊臣 …

pearl

6月の誕生石パールの石言葉(意味・由来・和名)

6月の誕生石はパールです。 あまり宝石に詳しくない人でも、パールは何となく知っている方が多いのではないでしょうか。 そんなパールの石言葉や意味・由来・和名を解説していきます。 6月の誕生石「パール」の …

jewelry

12月の誕生石タンザナイトの石言葉(意味・由来・和名)

12月の誕生石は複数ありますが、そのうちの1つが「タンザナイト」です。 「20世紀最大の発見」とされるほど注目を集めており、その希少価値はなんとダイヤモンドの1000倍といわれています。 そんなタンザ …

rose-quartz

10月の誕生石ローズクォーツの石言葉(意味・由来・和名)

10月の誕生石は複数ありますが、その内の1つが「ローズクォーツ」です。 ローマ神話に出てくる愛と美の天体「ヴィーナス」を象徴しており、愛の石と呼ばれ女性に人気です。 そんなローズクォーツの石言葉やその …

hari-kuyou

【今日は何の日】2月8日の針供養の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月8日に制定されています、「針供養の日」についてご紹介したいと思います。 針供養とは、1年間お世話になった針を供養するという風習のことです。 …