美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月16日の天気図記念日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月15日 更新日:

weather-map

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月16日に制定されている、「天気図記念日」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は、2005(平成17)年、NHKテレビ『ためしてガッテン』で寒天が取り上げられ、寒天が大ブームとなったことを記念して 長野県茅野商工会議所と長野県寒天加工業協同組合が制定した「寒天の日」でもあります。
それでは、天気図記念日にどんな由来や、歴史があるのか解説してみます。

2月16日は天気図記念日!その由来や歴史は?

1883年(明治16)年

日本初の天気図が作成された

天気図記念日の由来とは

ドイツの気象学者エリヴィン・クニッピングの指導により

1883(明治16)年の2月16日、ドイツの気象学者エリヴィン・クニッピングの指導のもと、当時としては画期的な7色刷りの日本初の天気図が作成されたことに由来するといわれている。
3月1日からは1日1回天気図を印刷し、電信による配布を開始。

天気図記念日の歴史は

国民が親しむようになったのは1924年8月頃から

現在のように、多くの国民が天気図に親しむようになったのは、1883(明治16)年から41年後の大正時代、1924年8月に国民新聞に天気図が掲載されるようになってからだ。
以来、気象衛星や観測技術の向上によって、進化を続けた天気図は、基本的には等圧線や前線で構成するお馴染みのスタイルになっていった。
しかし、気候変動の影響で気象災害が相次ぐなか、防災機関や船舶関係者だけでなく、一般の国民も天気図に親しむ機会が増え、天気図のカラー化を望む声が増えてきた。
これを受けて気象庁は、ホームページで公開する実況・予想天気図をカラー版でも提供することにした。
新しい天気図では低気圧からのびる温暖前線が赤、寒冷前線が青で色分けされるため、視認性や利便性が高まるという。
また、アジア太平洋域の広い範囲をカバーする天気図についても同時にカラー化され、過去3日分をさかのぼって閲覧するサービスも始まる。

まとめ

1924年8月頃から一般の国民に広まっていった

いかがだったでしょうか?
天気図記念日の由来や、歴史についてご紹介してきましたが、今では、各家庭でも毎日天気図や温度などはTV番組の中で確認するようになっていますよね。
日常の生活に必ずと言っていいほど重要な情報として役割を占めています。
しかし、最近では日本でも地震などの自然災害が頻繁に起こってきていますので、世界的にも深刻な問題だと感じています。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

march-10-cactaceae-day

3月10日のサボテンの日とは?由来や歴史は?

シリーズでお伝えしています。今回は3月10日に制定されている、「サボテンの日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、「さ(3)とう(10)」の語呂にちなんで記念日に制定されている「砂糖の …

february-22-birth-liquor

【今日は何の日】2月22日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月22日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみにこの日は1951(昭和26)年のこの日、「行政書士法」が施行され、日本行政 …

coming-of-age-day

【今日は何の日】1月14日の成人の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月14日に制定されています、「成人の日」についてご紹介したいと思います。 成人の日といえば振袖や袴、スーツなどの正装をして大人になったことを …

lapis-lazuli

12月の誕生石ラピスラズリの石言葉(意味・由来・和名)

12月の誕生石は複数ありますが、そのうちの一つが「ラピスラズリ」です。 まるで夜空に浮かぶ星のような、宇宙を思わせるような宝石で、存在自体がとても神秘的です。 そんなラピスラズリの石言葉やその意味・由 …

otoshidama

【2019】お正月のお年玉の金額の相場は?親戚・孫・甥・姪

お正月といえば新年の挨拶をし、ご飯を食べたりお酒を飲んだりと親戚同士で集まるのも日本の風習の1つです。子供はお年玉をもらえるとルンルン気分ですが、大人はせっせと準備をしなくてはいけません。またいくら渡 …