美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月15日の春一番名づけの日とは?由来や歴史は?

投稿日:2019年2月14日 更新日:

first-spring-storm

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月15日に制定されている、「春一番名づけの日」についてご紹介したいと思います。

ちなみにこの日は、全日本スキー連盟が創立されたことを受けて同連盟が記念日に制定した「全日本スキー連盟の日」でもある。

それでは、春一番名づけの日にどんな由来や、歴史があるのか解説してみます。

2月15日は春一番名づけの日!その由来や歴史は?

朝日新聞誌上ではじめて使われた

立春から春分の間に初めて吹く強い風の事を指す

春一番名づけの日の由来とは

漁師たちが春に吹く初めての風を「春一」と呼び始めた

2月15日は「春一番名づけの日」。1963年2月15日、朝日新聞誌上ではじめて「春一番」という言葉が新聞で使われたことに由来するといわれている。
春一番は、立春から春分の間、その年に初めて吹く南寄りの強い風のことを指す。
1859年長崎県郷ノ浦で、突風により漁船が転覆して乗員が死亡した事故から、漁師たちが春の初めに吹く強い南風を「春一」と呼び始めたことがきっかけといわれている。

春一番名づけの日の歴史は

漁師が出漁中に強風のあおりで転覆、53人の死者を出した

安政6年2月13日(1859年3月17日)、長崎県壱岐郡郷ノ浦町(現・壱岐市)の漁師が出漁中、強風によって船が転覆し、53人の死者を出して以降、漁師らがこの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったといわれている。
一方、長崎県では、この事件以前から郷ノ浦町で「春一」と呼ばれていたものが、事件をきっかけに広く知られるようになったとしている。
この故事により、1987年に郷ノ浦港近くの元居公園内に「春一番の塔」が建てられている。
民俗学者の宮本常一は研究のため郷ノ浦町を訪れてこの「春一番」をいう語を採集し、1959年に壱岐で用いられている語として『俳句歳時記』で紹介した。
これをきっかけに、「春一番」は新聞などで使われるようになり、一般に広まったとされる。
つまり、郷ノ浦町で使われていた「春一」または「春一番」は、この語の初出であるかどうかはともかく、現在広く用いられている「春一番」という語の直接の源であるということになる。

まとめ

「春一番」という言葉を初めて朝日新聞朝刊で使われたことから

いかがだったでしょうか?
春一番名づけの日の由来や、歴史についてご紹介してきましたが、春の一番に吹く強い風によって、出漁中に53人もの命が奪われました。
またこの事件をきっかけに「春一番」と呼ぶようになったようです。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

march-23-world-weather-day-origin

3月23日の世界気象デーとは?由来や歴史は?【今日は何の日】

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は3月23日に制定されている、「世界気象デー」についてご紹介したいと思います。それでは早速、世界気象デーにどんな由来や、歴史があるのか解説してみ …

february-22-cat-day

【今日は何の日】2月22日の猫の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月22日に制定されている、「猫の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、ボーイスカウト・ガールスカウトの創始者であるベーデン …

carnelian

7月の誕生石カーネリアンの石言葉(意味・由来・和名)

7月の誕生石は「カーネリアン」です。 半透明のオレンジ色をしていて、とてもかわいらしいルックスをしています。 そのような見た目を裏腹に、「可能性を切り開き未来を創造する力を持つ石」とされており、とても …

coral

3月の誕生石コーラルの石言葉(意味・由来・和名)

3月の誕生石はコーラル(珊瑚)です。 世の中に出回っているのは赤珊瑚(赤色のコーラル)が多く、少し濃いめで澄んでいないのが特徴です。 黒珊瑚(黒色のコーラル)もあるのですが、2006年10月に輸入が禁 …

birth-liquor

【今日は何の日】1月27日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月27日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。 ちなみに、この日は1883(明治16)年、新聞に初めて求婚広告が掲載されたことに記 …