美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月10日のニットの日とは?由来や歴史は?

投稿日:

knit

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月10日に制定されています、「ニットの日」についてご紹介したいと思います。

ニットと言えば真っ先に、思い浮かぶのはセーターとニット帽を想像しますよね。
ニットとは「編み物をする」と言う意味で、「knit」から来ており編み物の総称を指します。

ここではニットの日にはどんな由来や、歴史があるのか解説してみますね。

2月10日はニットの日!その由来や歴史は?

ニッは数字の2でトは10の語呂合わせでつけられています。
どこが決めて何の目的でニットの日が作られたのでしょうか?
その由来や歴史についてお伝えしていきたいと思います。

ニットの日の由来とは

神奈川県の編み物教室や編み物学校の組織である「横浜手作りニット友の会」という団体が1988年に制定したのが始まりです。

1993年愛知県横編ニット工業組合がこの日を「ニットの日」と定めました。
その後1994年に日本ニット工業組合連合会が全国的な記念日として改めて制定して、今日に至ります。

ニットの日の歴史は

ニットの起源は、紀元前1世紀頃のエジプトの古墳から発掘された織物らしきものだとされており、手編みの技術を完成させたのはアラビアの遊牧民だったそうです。

この技術がエジプトからスペイン、スペインからヨーロッパ各地に広がってと言うわけなんです。
機械を使い、編み物を始めたのは16世紀の中頃とされており、イギリスのウィリアム・リーという牧師さんが、妻が靴下を編んでいる様子を見て、なんとか効率的に機械で編めないものかと考え、1589年に編み物の機会を発明したのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
制定したこのグループでは講習会などを開いて活動し、毎年この時期に発表会もやっています。
手編みのマフラーや、セーターは気持ちもこもっているようで、心まで暖まりますよね。
今では男性でも趣味の一環として編まれる方もいらっしゃるようで、皆さんも編んでみてはいかがでしょうか。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

birth-liquor

【今日は何の日】1月23日の誕生酒と酒言葉!意味や由来は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。年末年始と最近まで続けてお酒を飲む機会が多かったのではないでしょうか。 今回は1月23日の、「誕生酒と酒言葉」についてご紹介いたします。1月23日の …

miso-soup

豚汁と味噌汁の違いとは?

豚汁は、日本のスープ料理の中でも子供からお年寄りまで幅広い人気を持っています。また、味噌汁は、日本料理の中で最も日常的に食べられている料理の一つです。汁物は「複数の食材を効率よく食べる」為の料理として …

surname

【今日は何の日】2月13日の苗字制定記念日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月13日に制定されています、「苗字制定記念日」についてご紹介したいと思います。ちなみにこの日は確定拠出年金教育協会が2013年に、翌2014 …

alexandrite

6月の誕生石アレキサンドライトの石言葉(意味・由来・和名)

6月の誕生石は「アレキサンドライト」です。 この天然石は昼と夜で別の顔を持ちます。昼はエメラルドのような青緑色、夜はルビーのような妖艶な赤紫色に変化します。その二面性と気品あふれる姿に数多くの人が魅了 …

lunar-new-year

【2019年】旧暦の正月!旧正月・春節とは?期間はいつからいつまで?

日本ではお正月、つまり新暦の1月1日(元旦)を年明け、一年の始まりの日と定めています。これに対して、多くのアジア圏では旧暦における旧正月の1月1日を年明けとしているのです。日本の呼び方では「旧正月」と …