美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

【今日は何の日】2月10日のニットの日とは?由来や歴史は?

投稿日:

knit

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。
今回は2月10日に制定されています、「ニットの日」についてご紹介したいと思います。

ニットと言えば真っ先に、思い浮かぶのはセーターとニット帽を想像しますよね。
ニットとは「編み物をする」と言う意味で、「knit」から来ており編み物の総称を指します。

ここではニットの日にはどんな由来や、歴史があるのか解説してみますね。

2月10日はニットの日!その由来や歴史は?

ニッは数字の2でトは10の語呂合わせでつけられています。
どこが決めて何の目的でニットの日が作られたのでしょうか?
その由来や歴史についてお伝えしていきたいと思います。

ニットの日の由来とは

神奈川県の編み物教室や編み物学校の組織である「横浜手作りニット友の会」という団体が1988年に制定したのが始まりです。

1993年愛知県横編ニット工業組合がこの日を「ニットの日」と定めました。
その後1994年に日本ニット工業組合連合会が全国的な記念日として改めて制定して、今日に至ります。

ニットの日の歴史は

ニットの起源は、紀元前1世紀頃のエジプトの古墳から発掘された織物らしきものだとされており、手編みの技術を完成させたのはアラビアの遊牧民だったそうです。

この技術がエジプトからスペイン、スペインからヨーロッパ各地に広がってと言うわけなんです。
機械を使い、編み物を始めたのは16世紀の中頃とされており、イギリスのウィリアム・リーという牧師さんが、妻が靴下を編んでいる様子を見て、なんとか効率的に機械で編めないものかと考え、1589年に編み物の機会を発明したのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
制定したこのグループでは講習会などを開いて活動し、毎年この時期に発表会もやっています。
手編みのマフラーや、セーターは気持ちもこもっているようで、心まで暖まりますよね。
今では男性でも趣味の一環として編まれる方もいらっしゃるようで、皆さんも編んでみてはいかがでしょうか。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

hishi-mochi

お雛様の菱餅の意味や由来は?

一般的にはひな祭りに雛人形を飾りますが、飾りで欠かせないのは菱餅です。見た目もひな祭りならではで、ひな祭りの特別感を演出してくれていますよね。ではどうして菱餅を飾るのでしょうか?ひな祭りの飾り、食べ物 …

seaweed

【今日は何の日】2月6日の海苔の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月6日に制定されています、「海苔の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、茶道で釜をかけて湯を沸かす道具「風炉(ふろ)」から …

city-bus

【今日は何の日】1月18日の都バスの日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月18日に制定されています、「都バスの日」についてご紹介したいと思います。 交通手段として大事な都バスですが、皆さんも一度は利用したことがあ …

hiiragiiwashi

節分の日の飾り、柊鰯はいつまで飾る?処分方法は?

節分といえば、鬼は外、福はうちでおなじみの豆まきが定番行事ですよね。一方で、地域によっては「柊鰯」といって、柊と鰯の頭で作ったお飾りを玄関に飾る風習があるんです。節分に鰯って、どういう事と思われる方も …

summer-doyounoushinohi

【2019年】夏の土用の丑の日はいつ?土用期間は?土用入り・間日・土用明けは?

「土用」という言葉を聞いたことがあると思いますが、いったいどういう意味があるのでしょうか?土用とは季節の変化の目安とする日の一つで、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を指します。 「土用の丑の日」 …