美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

雑学

乾電池とガムの包み紙で簡単火起こし

投稿日:2019年3月4日 更新日:

dry-cell

アウトドアシーズンなどキャンプやバーベキューで美味しいお肉を焼いてみんなでワイワイと楽しいですよね。
そこで、うっかりライターを失くしてしまった場合や、登山でうっかり遭難してしまった場合など、いざという時に必要で知っていればとても便利なアイテムです!

それは、さっと簡単に火をおこす方法なんです!
一瞬で着火するので、注意していただきたいのは周りに燃えやすい物を置かないようにすることです。

必要なのはなんと!乾電池とガムの包み紙(銀紙)だけ。
これさえあれば驚くほど簡単に火をおこせます。
今回は乾電池とガムの包み紙でできる簡単な火起こしの方法をご紹介します。

乾電池とガムの包み紙で火起こしの方法

材料を用意する

  • 乾電池1個
  • ガムの包み紙
  • ハサミ(無くてもOK)

ガムの包み紙を準備

ガムの包み紙を1枚広げて3等分に折り、折ったところを切る。

紙の真ん中が細くなるように切る

紙の中央部分は細くして2mm~5mm程度になるように、形としては、砂時計をイメージして切る。

電池の+と-の部分につける

包み紙の銀紙の方の両端を乾電池のプラスとマイナスにつなぐと包み紙の中央にパッと一瞬で火が付きます。
先に片方のマイナスの方に銀紙の端の方をつけ、火をつけるタイミングで、プラスにもう片方に端の部分をつける。

この方法で細かく切った新聞紙に火をつけることによってアウトドアで火を起こすことができますよ。

まとめ

包み紙の銀紙の両端を電池のプラスとマイナスにつけるだけ

いかがでしたでしょうか?
乾電池と包み紙で簡単に火を起こす方法をご紹介してきました。
一番気を付けてほしいのは、小さなお子様は真似をしたがるので、安易に教えてはいけません。
それから、緊急時にだけ使うように知識として持っていてくださいね。
比をつける際には指先の火傷にも注意してください。

-雑学
-

執筆者:

関連記事

3月14日ホワイトデーとは?由来や歴史は?【今日は何の日】

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。 今回は3月14日に制定されている、「ホワイトデー」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、円周率の近似値が「3.141592…」とされ …

decorative-collar

【今日は何の日】1月15日の半襟の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は1月15日に制定されています、「半襟の日」についてご紹介したいと思います。 半襟とは着物を着用するときに付ける替え襟のことをいい、1月15日は …

soy

【今日は何の日】2月3日の大豆の日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月3日に制定されています、「大豆の日」についてご紹介したいと思います。 ちなみにこの日は、「節分」の日でもあります。 今回は、大豆の日にどん …

television-broadcasting-memorial-day

【今日は何の日】2月1日のテレビ放送記念日とは?由来や歴史は?

「今日は何の日」と題してシリーズでお伝えしています。今回は2月1日に制定されています、「テレビ放送記念日」についてご紹介したいと思います。最近ではインターネットの普及に伴いネットTVや動画などの娯楽が …

baumkuchen

バレンタインに渡すお菓子バームクーヘン・マロングラッセの意味は?

バレンタインには日頃の感謝を込めて、女性から男性にチョコレートを渡すイベントです。しかしチョコが苦手な方には、お菓子を贈ったりもしますよね。バレンタインに贈っていたお菓子には意味があったのをご存知でし …