美健ねっと

美健宣言が配信する「美容と健康」を目指す方向けの総合情報ネットサービス

banner

料理

ひな祭りロールケーキの手作りレシピ

投稿日:

doll-festival-roll-cake

3月3日はひな祭りですね。
女の子の健やかな成長と良縁など幸福を願うお祝い行事です。
雛人形を飾って眺めながら、色鮮やかなご馳走を食べお祝いします。
その中でもお祝いにはケーキは欠かせませんよね。

そこで今回は、ひな祭りのロールケーキの作り方をご紹介したいと思います。

ひな祭りロールケーキの作り方

準備する材料(1本分)

シフォン生地

  • 薄力粉        60g
  • 卵黄         3個
  • グラニュー糖     30g
  • サラダ油       20
  • 牛乳         40g
  • ストロベリーパウダー 10g
  • 卵白         3個
  • グラニュー糖     20g

クリーム

  • 生クリーム      200g
  • グラニュー糖     15g
  • いちご        適量
  • アラザン       適量

手順1:下準備する

型にクッキングシートを敷く。

オーブンを180度に予熱する。

薄力粉をストロベリーパウダーと合わせて振るっておく。

イチゴを1/4個に切る。

手順2:生地を作る

ボウルに卵黄を入れ溶きほぐし、グラニュー糖を加えてハンドミキサーで白っぽくなるまでよく混ぜる。

サラダ油を少しずつ入れながらよく混ぜて、牛乳を2回に分けながら加え混ぜる。

薄力粉とストロベリーパウダーを入れ、粉っぽさがなくなるまで泡だて器でグルグルと混ぜる。

手順3:メレンゲを作る

別のボウルに卵白を入れて、グラニュー糖を2回に分けながら加える。

ハンドミキサーで泡立てて角が立ったメレンゲを作る。

生地にメレンゲを1/3加え、ゴムベラでさっと混ぜて残りのメレンゲを加え大きくよく馴染ませる。

手順4:型に入れる

生地を型に流し入れて平にしたら、台に軽く2.3回落として気泡を抜く。

予熱していたオーブンで10~13分焼く。

生地が焼けたら型からはずして冷ましておく。

乾燥しないようにラップをふんわりかける。

手順5:クリームを作る

ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて、ボウルの底を氷水で冷やしながら泡立てる。

手順6:生地を巻いていく

紙かまきすに生地の焼き目を上にしてのせ、奥を3cm程あけてクリームを伸ばす。
*盛り付け用にクリームを1/4程残しておいて下さい。

いちごを横一列に並べていく。

紙かまきすを持ちあげながら、生地を奥に巻いていく。

手順7:盛り付ける

残りの生クリームを絞り袋に入れ、表面に絞っていく。

いちごを盛り付け、アラザンを振りかけたら完成♪

美味しく作るポイント

生地を焼くときはオーブンによって時間が異なってきますので、確認しながら調節しましょう。
生地を巻いていくときは、手前の巻き始めにクリームを多めにのせると伸ばしやすいですよ。
巻き始めはしっかり巻いて芯を作って下さいね。

-料理
-

執筆者:

関連記事

Ginger-firing-of-new-onion-and-the-pork

新玉ねぎと豚肉の生姜焼き人気レシピ

玉ねぎには、黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどの種類があり、皮の色や大きさが異なります。通常の玉ねぎは、収穫してから1ヶ月くらい風にあててから乾燥させてから出荷しますが、新玉ねぎは、黄玉ねぎや …

broccoli-sprout

【人気】ブロッコリースプラウトのハム巻きサラダの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

ブロッコリースプラウトに多く含まれている「スルフォラファン」。ガンに効果があるとして研究され始めたスルフォラファンですが、それ以外にも体に良い働きをしてくれる作用がたくさんあるのです。 内臓脂肪を減少 …

kale-egg-salad

ケールの卵サラダの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

緑黄色野菜の中でも最も栄養価の高い野菜として知られているケール。ビタミン類、ミネラル、カルシウムや食物繊維など様々な栄養素がバランス良く豊富に含まれています。
ケール独特の苦味がありますが、この成分の …

quinoa-dry-curry

【人気】キヌアドライカレーの簡単おいしいおすすめレシピ・作り方

健康志向、美容マニアの女性の間で、今最も注目を集めている、スーパーフードキヌア!
TVやインターネットなどで、話題沸騰中です。なんといってもキヌアの最大の特徴は、「必須アミノ酸のバランスが優れている」 …

potato-and-carrot-kinpira

じゃがいもと人参のきんぴら人気レシピ

じゃがいもとにんじんを、細く切って炒めるとシャキシャキに!普段料理する煮物や揚げ物とは、また違う食感を楽しめますよ。炒める際にはじゃがいもがボロボロにならないように、木べらなどを使うのがコツです。じゃ …